朝霞市の不動産情報

ファミリーに向けての朝霞市の不動産情報

交通機関や店舗などの利便性は欠かせない条件

朝霞市の不動産を探す上で、交通機関や店舗などの利便性は条件として欠かすことはできないでしょう。まして、小さな子供がいて子育てをしたいと考える世代には、アレもコレもという条件がかなり出てくるのではないでしょうか。そこで朝霞市を考えてみると、3駅利用が可能な場所ですから、通学・通勤や買い物などに不便はないでしょう。まず、「東武東上線」の朝霞駅・朝霞台駅が利用できます。東武東上線の和光市駅の隣が朝霞駅、次が朝霞台駅と続きますから、池袋へ出て行くことが20分以内で容易ですし、和光市駅で乗り換えれば東京メトロ有楽町線と副都心線で銀座方面へも移動がスムーズです。「JR武蔵野線」の北朝霞駅(東武東上線の朝霞台駅と隣接)も利用できますので、

府中や大宮、船橋方面へ出ることも容易で、住んでいる場所の駅から各方面へつながって行けることは、不動産物件を探すにあたって第一条件クリアといっても良いほどになるでしょう。特に朝霞駅は、今流行りの駅ナカの施設が充実していて(本屋、花屋、ケーキ屋、雑貨店、お惣菜店など)、改札周辺で生活上の買い物をすぐ済ませることができるのは、雨にも濡れず、便利そのもの。南口は飲み屋や飲食店が充実していますし、北口はコンビニをはじめ、ドラッグストアやクリニックなど医療施設もありますし、コインパーキングも充実しています。

治安も良く、財政も安定し、物件も手頃

治安も良く、財政も安定している朝霞市。埼玉県内でも子供の多い市として有名です。賃貸物件は朝霞駅から徒歩15分エリアに広がり、1K ・2K~2LDK 、築10年~30年を目安にすれば、40,000~100,000万円台で探せます。購入物件は新築で3,000万円台、中古なら3LDKでも2,000万円以内で手が届きます。徒歩15分エリアというと結構かかると思うかもしれませんが、朝霞駅は北口・南口ともにロータリーが広く、自家用車での送迎がしやすいことでも有名ですから、人気があります。

首都圏の中でも住みやすい地域

朝霞市の人口は現在では14万人弱です。埼玉県内の他の都市や首都圏の地域の都市の中では、それほど大きな都市ではありません。しかし、全国的に人口減少が続く中で、朝霞市の人口は増加しています。東京都内の地域に出るのにも、県庁所在地であるさいたま市内の地域に行くのにも便利な地域であることが主な理由でしょう。和光市と同様に東京のベッドタウンとしての性格が強い都市です。朝霞市は不動産価格や家賃相場が隣の和光市よりもやや安い傾向にあるため、首都圏の企業に勤務している人に人気があります。

そして、朝霞市は住みやすい都市としても知られています。子育て支援が充実しており、小さなお子さんを持つ家庭におすすめできる地域です。近隣の地域から朝霞市に引っ越してくる子育て世代の人たちも少なくありません。朝霞市内には小さな公園がたくさんあるため、子どもが遊ぶ場所にも困らないでしょう。商業施設は少なく住宅が多いため、首都圏の地域の中では治安も良い方です。